エコパッケージ商品を選べば、家庭のゴミが減らせ、地球環境保護にもつながります!

内袋のトレーをなくすことでパッケージをスリム化。幅は4cm縮小しました。包装の重量は5.1g、ダンボール重量も62g削減しました。

亀田製菓は全商品を環境にやさしい包装設計にします。
▼ファーストステージ(~2025年)
「省く:リデュース」商品の品質を維持しつつトレーの使用をやめる
「小型:リサイズ」包装資材を約30%減らす。ゴミ削減・物流効率改善、店頭スペースの有効活用
▼セカンドステージ(~2030年)
「置き換える:リプレイス」包装資材の材質を生分解プラスチック、バイオマスプラスチックに変える

幅を2cm、奥行を1cm縮小し、容積率を21%削減、包材の重量は4.7g、ダンボール重量も150g削減しました。

このスリムタイプパッケージは、CGCグループだけでの先行発売です。
当社は、海洋プラスチックごみを減らすことを目的に環境省が実施している「プラスチック・スマート」キャンペーンに参加しています。

外袋の縦を3cm、横幅を2cm縮小し、これまでのパッケージよりもプラスチック包材を17.5%削減しました。

キャンペーン対象商品以外にも、積極的にプラスチック包材削減に取り組んでいます。代表的な商品を紹介します。

このほかの同社のCSR活動は
こちらから

(不二家のサイトにジャンプします)

外装をプラスチックから紙使用パッケージに変更し、3月16日より発売します。パッケージにはCO2排出量の削減に効果があるといわれているバイオマスインキを使用しました。

外装の構成材質に紙を50%以上使用しています。これにより、プラスチック製造・焼却時に排出される温室効果ガスの削減、プラスチックゴミによる海洋汚染の削減に貢献します。