ホーム > CGCグループ案内 > 全国の加盟企業 > あなたの街のCGC加盟店
CGCグループ案内全国の加盟企業

あなたの街のCGC加盟店

あたたの街のCGC加盟店一覧へ戻る

株式会社 三徳 新宿本店


東京

健康、安全、おいしさ追求した独自商品が充実

三徳新宿本店店内

東京都の三徳(堀内謙介社長)の新宿本店は、1949年のオープン以来、都心のお客様から絶大な支持を得ている都心型スペシャリティーストアです。お店は9階建てマンションの1、2階部分にあり、1階には惣菜、ベーカリー、青果、飲料の売場が、2階にはお魚、お肉、加工食品などの売場があります。お酒は道路を挟んだ別棟で販売しています。営業時間は朝10時から深夜1時まで。新宿区内を中心に毎日3000人前後のお客様がご利用されているそうです。「健康、安全、おいしさ」を追求して、自社で開発したこだわり商品が1000品目以上もあるというから驚きです。

店長の井内敬次さん(写真左)自社ブランドの商品にご注目ください

野菜や果物、お肉、お魚といった生鮮品は、産地と直接契約を結んでいる商品が多数あり、「健農」のブランドで販売しています。加工食品でも、独自に開発した「三徳」ブランドの商品をはじめ、百貨店でなければ手に入らないような高級品や全国各地の名産品を「三徳セレクション」として提供しています。



数ある商品の中から店長の井内敬次さん(写真左)が特におすすめというのが「三徳特撰 粒柚子こしょう」(1本348円)です。大分産の柚子と青唐辛子から作った無添加・無着色の自慢の逸品です。鍋料理の薬味としての利用が一般的ですが、冷奴や焼き肉、餃子など幅広い料理に合うため、夏でもよく売れているそうです。



惣菜にも定評があり、東京・板橋にある自社工場から1日2回届く手作りの弁当や惣菜は、お年寄りからOLまで幅広い層に人気です。定番商品の「若鶏ほたて重」は昨年、スーパーマーケットの惣菜・弁当を対象にしたコンクールで、全国から応募された約2000作品の中から「大賞」に輝いたほどです。3月に新発売し、大ヒット中の「板橋餃子」もおすすめです。こだわりの「健農豚」を3度挽きし、野菜をたっぷり使ってなめらかでジューシーな食感が味わえます。

毎月1日の「三徳の市」はさらにお得です

同店では水曜の「大青果市」、木曜の「お魚の日」、金曜の「お肉の日」といった曜日別セールのほか、毎月1日には「三徳の市」というとてもお得なセールを開催しています。生鮮品を中心に当日限りの特価品を多数ご提供するほか、会員カードのポイントも5倍になるのでさらにお得です。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

  • CGC商品もごらんのように売場の様々な場所で販売しています

    CGC商品もごらんのように売場の様々な場所で販売しています

  • お酒は別棟で販売。日本酒、焼酎、ワインとも高額品から値頃な商品まで充実しています

    お酒は別棟で販売。日本酒、焼酎、ワインとも高額品から値頃な商品まで充実しています

  • 土用丑の日の水産売場。直接契約を結んでいる静岡県吉田町のうなぎが一押しです

    土用丑の日の水産売場。直接契約を結んでいる静岡県吉田町のうなぎが一押しです

  • オリジナル商品も豊富。おすすめの一つが粒柚子こしょう。冷奴や焼き肉にも合います

    オリジナル商品も豊富。おすすめの一つが粒柚子こしょう。冷奴や焼き肉にも合います

  • 野菜の食感を高めて、こだわりの豚肉を三度挽きした「板橋餃子」が大ヒット中

    野菜の食感を高めて、こだわりの豚肉を三度挽きした「板橋餃子」が大ヒット中

  • 1946年に開店した三徳の1号店。1991年に現在のビルに建て替えてから店名を新宿本店に

    1946年に開店した三徳の1号店。1991年に現在のビルに建て替えてから店名を新宿本店に

店舗情報