ふれ愛交差点 2017年9月号
27/29

家族構成によって、必要なものは異なります。このリストを参考にしてみんなで話し合い、我が家にとって必要なものとその量を考えて備えましょう。1人につき7日分の備えが必要といわれています。現在の備蓄品を見直し、具体的に揃えてみることが大切です。この機会に、防災備蓄品を考えましょうショッパーズプライスおいしいごはん5食パック予備はありますか?備蓄品チェックリスト缶詰やパックごはんは日常的に食べながら備蓄CGCさば味噌煮味つき缶詰は便利ですが、偏って食べると塩分の摂り過ぎにつながります。乾物や野菜も一緒に食べるようにしましょう。CGCさんま蒲焼□ 貴重品 (現金、預貯金通帳、健康保険証など)□ 飲料水(1人1日3リットル)□ 缶詰 (そのまま食べられる非常食です)□ パックごはん□ インスタント食品/レトルト食品□ 乾電池 (懐中電灯、携帯ラジオには必要です)□ カセットコンロ (電気がなくても調理ができます)□ ガスボンベ□ 救急セット (マスク、ばんそうこう、消毒薬、常備薬など)□ ティッシュペーパー/ウエットティッシュ□ 粉ミルク(乳幼児に必要なものは要チェック)□ 紙おむつ/おしりふき□ ビニール袋(バケツや雨具などにも使えます)□ ラップ/紙皿/紙コップ/割り箸□くらしのベストアルカリ乾電池単1キリン富士のおいしい水くらしのベストアルカリ乾電池単3ふだんから加工品を多めに買っておき、使ったら使った分だけ買い足すことを習慣にしましょう。そうすれば、常に一定の食料を備蓄でき、いざという時に消費期限切れだった、ということもなくなります。CGC いわし味付9月は防災月間

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る