ふれ愛交差点 2017年10月号
3/33

キンモクセイの香りに季節の変わり目を感じます。10月が神無月と呼ばれる由来は諸説ありますが、全国の神々が島根県の出雲大社に集まり、各地で神様が留守になるからといわれています。くらしの掲示板10月[神かん無な月づき]寒かん露ろ二十四節気の一つで、秋の長雨も一段落し、草や葉に露がつき始める頃の目安です。今年は10月8日。霜そう降こう二十四節気の一つで、朝晩の冷え込みが強くなり、霜が降り始める頃です。今年は10月23日。季節のことば料理/重信初江(表紙、P1〜6、P29) 武蔵裕子(P9〜18、P20下段) 藤野貴子(P19〜20) 撮影/邑口京一郎(表紙、P1〜6、P29) 鈴木泰介(P7〜18、P20下段)原ヒデトシ(P19〜20) スタイリング/肘岡香子(表紙、P1〜18、P20下段、P29) 吉岡彰子(P19〜20) 栄養計算/榊 玲里 校正/株式会社ぷれす デザイン/Comboin(西野直樹) 編集/岡村理恵 石田純子 荒巻洋子 久保木 薫ほっこりとしたいも類がおいしい季節です旬の食材さつまいも、じゃがいもなど、ホクホクのいも類がおいしい頃です。しっかりと甘みを蓄えた柿も秋ならでは。いずれも秋のビタミンCの補給源になります。また、この季節は今年の新米が出回ります。最近では産地や品種も広がりを見せているので、好みのものを探すのも楽しいですね。※新米の洗い方、炊き方は5ページで紹介しています。今がおいしい衣替えには厄払いの意味も行楽シーズンの到来です10月1日は、一般的には冬服への衣替えの時期。元々は衣替えは平安時代の宮中行事に端を発する伝統ある風習で、服装を替えることで厄払いの意味もあったそうです。夏の間に活躍した衣類は、一度しか着ていないものでもきれいに洗濯をして、来年に備えましょう。心地よい気温で、過ごしやすくなります。味覚狩り、サイクリングなど、この季節ならではのアウトドアを楽しみましょう。手作りのおにぎりやサンドイッチには、添加剤不使用で安心なCGC 無添加ラップがおすすめです。 表紙のレシピ鶏肉はひと口大に切る。さつまいもは皮つきのまま厚さ7〜8㎜の輪切りに、れんこんは厚さ7〜8㎜の輪切りにして、水にさらす。にんじんは厚さ7〜8㎜の輪切りにして、もみじ型で抜く。しめじは小房に分ける。さやいんげんは長さ5㎝に切る。フライパンに油を強めの中火で熱し、鶏肉を皮目から入れ、こんがりするまで2〜3分焼く。上下を返して2分ほど焼き、水気をきったさつまいもとれんこんを加えて炒め合わせ、Aを加えて汁気をとばすようにそのまま3分ほど煮る。にんじんを加えて2分、しめじ、さやいんげん、ぎんなんを加えて2分ほど煮る。さつまいもはくずれやすいので、様子を見てやわらかくなったら取り出す。器に盛り合わせる。作り方❶❷❸秋の味覚満載の華やかなひと皿。もみじの抜き型で季節感を演出しましょう。材料(4人分)鶏もも肉…2枚さつまいも…1本(250g)れんこん…小1節(100g)にんじん…¹⁄₂本しめじ…1袋さやいんげん…5本ぎんなん(水煮)…12個サラダ油…大さじ¹⁄₂だし汁…2カップ薄口しょうゆ、みりん …各大さじ3ARecipe Card 1人分439kcal 塩分2.6g 調理時間30分野菜吹き寄せ煮くらしのベスト衣料用濃縮液体洗剤ホワイト 400gCGC 無添加ラップ 30㎝×50m1

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る