ふれ愛交差点 2017年11月号
11/29

材料(3〜4人分)ごはん…1¹⁄₂合分肉だんご(鍋用)…10個ごぼう…80gエリンギ…大1本せり…50gだし汁…3カップしょうゆ、みりん…各大さじ2塩…小さじ¹⁄₄作り方ごはんは手に塩水(水¹⁄₂カップに塩小さじ¹⁄₂を溶かす。材料外)をつけて、小さめに丸く握る(12個くらい)。オーブントースター(またはグリル)に並べ、焼き目がつくまで6〜7分焼く(グリルの場合は1〜2分短くする)。ごぼうはささがきにして水にさらし、水気をきる。エリンギは長さを半分に切ってから、放射状に6〜8等分に切る。せりは長さ3〜4㎝に切る。鍋にAを入れて中火で熱し、1と肉だんご、2を加えて2〜3分煮る。123立冬に、秋田県の名物「きりたんぽ」風鍋を肉だんごと焼きおにぎりのほっこり鍋Vパック肉だんご作り方温かいごはんに寿司酢を混ぜて寿司めしを作る。グリーンリーフは大きめのひと口大にちぎる。パプリカは細切りに、きゅうりとたくあんは細めの棒状に切る。Aのゆで卵は粗いみじん切りにし、残りの材料と混ぜる。巻きすに焼きのりを広げ、寿司めしの半量を、向こう側を2㎝ほどあけて、平らに広げる。手前にグリーンリーフを置き、その上にAを広げる。えびフライ、きゅうり、たくあん、パプリカを並べ、手前から巻く。123えびフライ太巻きいつもの太巻きより具の手間が少ないのが魅力的1本分582kcal 塩分3.3g 調理時間15分¹⁄₄量で438kcal 塩分3.1g 調理時間20分6月秋の節分7火立冬材料(2本分・2人分)温かいごはん…1合分えびフライ(市販)…4本寿司酢…大さじ2グリーンリーフ…1枚パプリカ(赤)…¹⁄₈個きゅうり…¹⁄₂本たくあん…40gゆで卵…1個マヨネーズ…大さじ1塩、こしょう…各少々焼きのり(全形)…2枚A節分というと2月3日頃の日だけを指すと思いがちですが、本来節分は「季節の変わり目」を表すもの。立春、立夏、立秋、立冬の前日に、年に4回あります。2月の節分には、太巻きに丸ごとかぶりつく「恵方巻き」の習慣が定着しましたが、秋の節分にも、恵方(今年は北北西)を向いて、太巻きを丸かぶりしてみては。Memo 秋の節分A9

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る