ふれ愛交差点 2018年1月号
5/29

自然のあしあ青森産ベビー ぶりは運動量の多い魚なので、広い漁場が必要となります。CGCグループでは、国内の大きな漁場でぶりを養殖しています。「自然のあしあと。ひろびろいけす育ち ぶり」の産地は大分県の津久見湾。国内最大級の広いいけすを使い、自然に近い環境でストレスをかけず、健康に育てています。 一方、「自然のあしあと。活き活き育ち ぶり」の主な産地は高知県の宿毛湾です。黒潮が流れ、珊瑚が育つほどきれいな漁場で、国の定めた基準以下の低密度な環境をキープしながら、ぶりを育てています。 いずれも、水揚げ、活け〆後、速やかに選別と加工を行い、鮮度を保ったまま、水揚げの翌日には全国のCGC加盟店へお届けしています。生で食べれば脂のコクが際立ち、加熱すれば身のうまみが広がるぶりです。ぜひ、ご賞味ください。自然に近い環境で飼育漁場の一つ、高知県の宿毛湾。漁場の状態は定期的に測定し、常にぶりの成育に最適な環境が保たれるように努めています。ぶりのゆず風味ソテーシンプルな味つけでゆずの香りを引き立てますCGCグループのこだわり商品をチェック!食べてみて、使ってみて、おすすめをご紹介します。ゆずは火を通し過ぎると苦みが出るので、ぶりにほぼ火が通ってから加えてサッと焼くていどに。ぶりは塩小さじ¹⁄₄、こしょう少々をふり、にんにくをすりこむ。ゆずは薄い輪切りにして種を除く。小松菜は長さ3㎝に切り、パプリカは細切りにする。フライパンにオリーブ油小さじ1を中火で熱し、小松菜とパプリカを炒め、塩、こしょう各少々をふって器に盛る。2のフライパンをサッとふき、オリーブ油大さじ¹⁄₂を熱し、ぶりを並べて中火で2〜3分焼く。焼き色がついたら上下を返し、弱めの中火にして2分ほど焼く。ペーパータオルで余分な脂を取り、ゆずを並べて30秒ほど焼く。白ワインをふり、汁気がほとんどなくなるまで30秒ほど焼く。2の器に盛り合わせる。1234作り方おいしいもの 見 つけた!1人分327kcal 塩分1.0g 調理時間20分調理のポイント料理を作ってくれたのは重信初江さんしげのぶはつえ/料理研究家料理雑誌や単行本などで活躍。誰にでも作りやすくおいしいレシピに定評があります。近著は『一品晩ごはん』(オレンジページ)。材料(2人分)ぶり(切身)…2切れゆず…¹⁄₂個小松菜…¹⁄₂束(100g)パプリカ(赤)…¹⁄₄個塩、こしょう…各適量にんにく(すりおろす) …¹⁄₂かけ分オリーブ油…適量白ワイン…大さじ1使ってみました!「身がしっかりして、脂ののりもほど良いですね。生臭さも少ないから、サラダにもよく合います。しゃぶしゃぶは、サッと湯にくぐらせるくらいがおすすめですよ」自然のあしあと。ひろびろいけす育ち ぶり活き活き育ち ぶり3

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る