ふれ愛交差点 2018年2月号
3/29

12345678910111213141516171819202122232425262728(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)料理/重信初江(表紙、P1〜6) 武蔵裕子(P7〜12、15〜19) 八木佳奈(P13〜14) 撮影/邑口京一郎(表紙、P1〜6) 鈴木泰介(P7〜12、15〜19) 宗田育子(P13〜14) スタイリング/肱岡香子(表紙、P1〜12、15〜19) 八木佳奈(P13〜14) イラスト/ひのあけみ 栄養計算/榊 玲里 校正/株式会社ぷれす デザイン/Comboin(西野直樹) 佐藤秀樹(P25) 編集/岡村理恵 石田純子 荒巻洋子 久保木薫  旬の食材鮭と春キャベツのホワイトシチュー鮭はひと口大に切る。キャベツはひと口大に切り、たまねぎは薄切りにする。しめじは小房に分け、スナップエンドウは筋を取る。にんじんは幅5㎜の輪切りにし、2分下ゆでする。フライパンに油を中火で熱して鮭を並べ、両面を2分ずつ焼き、一度取り出す。フライパンをサッとふいてバターを熱し、たまねぎを2〜3分、こがさないように炒める。薄力粉をふり、さらに2分ほど炒めて一度火を止める。Aを加えて混ぜ、再び中火にかけて混ぜながら煮立てる。しめじ、スナップエンドウ、にんじんを加え、弱火で1分煮る。2を戻し入れ、生クリーム、キャベツを加え、キャベツがしんなりするまで弱火のまま煮る。作り方❶❷❸❹材料(4人分)塩鮭(甘口、切身)…3切れ春キャベツ…大2枚(150g)たまねぎ…¹⁄₂個しめじ…1パックスナップエンドウ…12本にんじん…¹⁄₂本サラダ油…小さじ1バター…30g薄力粉…大さじ3牛乳…2¹⁄₂カップ水…¹⁄₂カップ塩…小さじ¹⁄₄こしょう…少々生クリーム…¹⁄₂カップA1人分475kcal 塩分2.8g 調理時間25分ブロッコリーや小松菜の甘みがアップ冬は子持ちかれいが美味ブロッコリーやカリフラワーなどの花か蕾らい類(つぼみを食べる野菜)の露地物が充実します。霜に当たると甘みが増す小松菜もこの季節にたっぷり食べたいですね。免疫力を上げるビタミンCが豊富ないちごも旬です。冬のかれいは産卵期を迎えて子持ちになり、卵の部分も楽しむことができます。クセのない白身は低脂肪、高たんぱくで、肝機能を強化するタウリンなども多く含みます。野菜魚介節分立春針供養振替休日初はつ午うま旧正月(春節)表 紙 の レ シ ピやわらかくやさしい甘みの春の野菜と、まろやかなホワイトソースが好相性です。2月の初めの午うまの日。各地の稲荷神社で、豊作祈願の祭礼が行われます。稲荷神社は狐を祀っているため、狐の好物とされる油揚げを供えたり、いなり寿司を食べる風習もあります。冬が明けて春が始まる日。体感的にはこの頃が寒さのピークで、この日を境に少しずつ気温が上がり始めます。旧暦の正月。中国や台湾では春節と呼び、爆竹を鳴らしたり龍や獅子が舞ったり、盛大に祝います。[如月]2月建国記念の日雨水ブロッコリー カリフラワー小松菜 いちごかれい切身用さけ1

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る