ふれ愛交差点 2018年3月号
17/29

材料(2人分)鯛(切身)…2切れカットわかめ(乾燥) …大さじ2(4〜5g)うど…8㎝昆布のだし汁…1¹⁄₂カップ酒…¹⁄₂カップ薄口しょうゆ、みりん …各大さじ2作り方わかめは水で戻す。うどは長さを半分に切って厚めに皮をむき、太めの短冊切りにする。水にさらしてアクを抜き、水気をきる。鍋にAを煮立て、鯛を並べ入れ、落としぶたをして弱めの中火で6〜8分煮る。鯛にほぼ火が通ったら1を加え、再び煮立ったら火を止める。123鯛とわかめの和風煮しっとりとしたやわらかな身が味わえます1人分226kcal 塩分2.8g 調理時間15分19月Aバターやドレッシングの量を決めるごはんロースハムウインナソーセージベーコン食パン肉加工品の塩分を調理にいかすパン食の塩分に気をつけようベーコンとしめじの卵炒め日頃からパン食が多い人は、パンには塩分が含まれているので、より塩分を控える心がけが必要です。※1「日本人の食事摂取基準(2015年版)」(厚生労働省) ※2 平成28年「国民健康・栄養調査」結果の概要(厚生労働省)1日あたりの塩分摂取目安量は、男性8g未満、女性7g未満とされています(※1)が、平均摂取量は男性10.8g、女性9.2g(※2)。男女ともに1日2〜3gの減塩を目標に、今よりも少し減塩することを日々積み重ねて目標値に近づけていきましょう。トーストに塗るバターや、サラダにかけるドレッシングなどにも塩分が含まれています。なにげなく使うのではなく、量を決めて使うようにしましょう。ハムやソーセージなどの肉加工品には塩分が含まれています。味つけは、その塩分をいかすように心がけましょう。アイデア1アイデア2ベーコンは幅8㎜に切る。しめじは石づきを切り、小房に分ける。卵は溶きほぐす。フライパンにオリーブ油を中火で熱し、ベーコン、しめじを炒める。しめじがしんなりしてきたら溶き卵を加え、サッと炒め合わせる。❶❷材料(2人分)卵…2個ベーコン…2枚しめじ…60gオリーブ油…大さじ1バターは10gで塩分0.2g。1回に使う量を決めて切り分けておくのがおすすめ。フレンチドレッシング大さじ1で塩分0.5g。小さな容器に入れ、量を確認して使うのを習慣にしましょう。※ごはんに塩分は含まれていませんが、 おかずや汁ものの塩分には注意しましょう。茶わん1杯 150g 塩分0g1枚(20g) 塩分0.5g1本(15g) 塩分0.3g1枚(20g) 塩分0.4g6枚切り1枚 塩分0.8g1人分212kcal (トーストは除く) 塩分0.6g 調理時間8分食塩不使用バターやごま油で炒めるのも、風味が出ておすすめです。栄養指導・料理しのはらえりか/管理栄養士。病院勤務を経て独立。長年の臨床経験をいかし、体の中から健康と美を作る食生活を推進・指導している。篠原絵里佳さん減塩アイデアなるほど!連載日々の食事で無理なく続けられる、減塩のコツとレシピを紹介します。今月のテーマ15パン食の塩分に気をつけよう

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る