ふれ愛交差点 2018年3月号
22/29

もうすぐイースター! 2018年は4月1日ゆで卵プレートもうすぐイースター! 2018年は4月1日ひよこの巣ごもりプレートイースターエッグを作ってみよう材料(作りやすい分量/2〜3人分)じゃがいも…1個ゆで卵(かたゆで)…2個うずら卵(水煮)…4〜6個水…大さじ3酢…大さじ1カレー粉…小さじ1ターメリック(あれば) …小さじ¹⁄₂塩…少々黒いりごま、にんじん…各適量揚げ油、塩…各適量作り方うずら卵はAとともにポリ袋に入れ、冷蔵庫で2時間〜ひと晩おき、汁気をきる(時間外)。にわとりとひよこを作る。にんじんで、とさかとくちばしを作り、ゆで卵と1につける(切り込みを入れて差し込む)。黒ごまで目をつける(竹串で穴を開けて差し込む)。巣の部分を作る。じゃがいもはスライサーで太めのせん切りにし、水にさらさずに持ち手付きの金物のざる(直径13〜14㎝)に薄く敷き詰め(a)、ひとまわり小さい金物のざるを上から重ねる。揚げ油を中温に熱してざる全体を入れ、菜箸で軽く押さえながら2〜3分揚げる(b)。上のざるをはずし、さらに3〜4分揚げて油をきり、あら熱が取れたらざるからはずし、塩少々をふる(c)。器に盛って2を入れ、飾り用野菜を添える。12345123Aゆで卵プレートイースターといえば卵がつきもの。かわいいゆで卵のプレートを作りましょう!にぎやかな声が聞こえてくるような楽しいひと皿に、子どもたちの笑顔もはじけます。じゃがいもは縁からややはみ出し気味でOK。abc全体が揚げ油につかるようにして。あら熱が取れたら竹串でざるからはずす。POINTかわいい&楽しい料理/重信初江⃝飾り用野菜 ベビーリーフ、ルッコラ、パプリカ(赤・薄切り)…各適量イースターって?キリストが復活した日を祝う「復活祭」。春分の日を過ぎて最初の満月の翌日曜日で、日付は毎年変わります(教派にもよっても変わります)。生命の誕生を意味する卵の料理を食べたり、イースターエッグを飾ります。生卵の上下に画びょうを刺し、直径3㎜ほどの穴を開ける。片方の穴から息を吹き入れて、中身を出し、水洗いして乾かす。クレヨンやマーカー、絵の具で絵を描いたり、色づけする。Recipe Card 1人分157kcal 塩分0.4g 調理時間30分⊕20

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る