ふれ愛交差点 2018年9月号
9/29

さんまで洋風おかずさんまのソテーバジルソースさんまときのこの包み焼きバジルの香りが広がるおしゃれなひと皿にホイルを開けると香りがふわりバジルソースの材料をすべてフードプロセッサーに入れ、とろりとするまでかき混ぜる(または包丁で細かく刻む)。さんまは半分に切って塩、こしょうをふる。さつまいもは皮付きのまま幅7〜8㎜の輪切りにし、水にさらしてから水気をふく。フライパンにオリーブ油を中火で熱して2を並べ、3〜4分焼いて上下を返し、さらに2〜3分焼いて器に盛り合わせる。さんまにバジルソースをかけ、お好みでバジルの葉を添える。123作り方さんまは半分に切り、Aをからめる。まいたけはさき、エリンギは長さを半分に切り、縦に幅5㎜に切る。たまねぎは横に幅5㎜に切る。アルミ箔を2枚広げてたまねぎ、きのこの順に等分にのせて広げ、さんまを1尾分ずつのせて閉じる。フライパンに油少々(材料外)を塗り、2を並べてふたをし、強めの中火にかけて1分、弱火にして5〜6分蒸し焼きにする。細ねぎをふり、すだちを半分に切って添え、果汁をかける。123作り方材料(2人分)さんま…2尾さつまいも…¹⁄₂本(120g)バジルソースバジルの葉…¹⁄₂パック(7〜8g)ピーナッツ(無塩)…20gにんにく(粗いみじん切り)…小1かけ分オリーブ油…大さじ3塩…小さじ¹⁄₄こしょう…少々塩、こしょう…各少々オリーブ油…大さじ¹⁄₂バジルの葉(お好みで)…適量材料(2人分)さんま…2尾まいたけ…1パックエリンギ…2本たまねぎ…¹⁄₂個細ねぎ(小口切り)…2本分すだち…1個酒…大さじ1塩…小さじ¹⁄₃Recipe Card 1人分635kca塩分1.3調理時間20分Recipe Card 1人分344kca塩分1.2調理時間20分さんまでアレンジおかずAさんまの下ごしらえしっかり水気をふくと臭みも取れ、うまみを逃さず調理できます。内臓が苦手な方や子ども向けなら頭と内臓を除いても。塩焼きにするならペーパータオルでしっかりと水気をふいてから塩をふり、グリルで焼く。このひと手間で皮がパリッと焼ける。煮ものにするなら筒切りにして、菜箸の太い方で突くようにして内臓を除く。手早く水洗いして水気をふく。内臓を取る場合は頭を切り落とし、腹側をキッチンばさみで切る。背骨に沿って指を入れ、かき出すように内臓を除く。手早く水洗いして水気をふく。7

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る