ふれ愛交差点 2018年12月号
5/29

自然のあしあ青森産ベビー CGC「自然のあしあと。ひろびろいけす育ち ぶり」「活き活き育ち ぶり」は、天然に近い環境での養殖を目指し、日本国内では類を見ない大型のいけすで育てています。漁場はいずれも新鮮な海水が絶えず流れ込み、ぶりの成育に適した水温が保たれる場所で、ぶりは広いいけすの中をのびのびと泳ぎ回り、ストレスなく、健康に成長します。 早朝に水揚げされたぶりは、船上ですばやく活かつ〆じめ(活け締め)し、徹底した温度管理のもとで加工し、その日のうちに全国へ出荷します。身は締まり、ほどよく脂がのっているのが特長で、刺身にしても、火を通してもおいしくお召し上がりいただけます。大きないけすでのびのびと成長CGCグループオリジナルの人気商品をチェック!食べてみて、使ってみて、おすすめをご紹介します。皮もこんがりと香ばしく焼けるように、皮を下にして身を立てるようにして、しっかりと焼き色をつけましょう漁場の一つ、大分県津久見湾。幅60m、深さ20mの巨大いけすで、低密度な環境を保ち、育てています。おいしいもの 見 つけた!調理のポイントひろびろいけす育ち ぶり活き活き育ち ぶり自然のあしあと。Recipe Card 1人分548kca塩分2.6調理時間25分使ってみました!「脂ののりが良く、食べごたえがありますね。身も脂もしっかりうまみがあります。しゃぶしゃぶやサラダ仕立てはもちろん、焼いてもかたくなりにくいので、照り焼き、ソテーにもぴったりです」料理を作ってくれたのは小田真規子さんおだまきこ/料理研究家おいしくて体にいいレシピが人気。著書に『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』(共著・ダイヤモンド社)など。ぶりは塩、こしょうをふって室温で10分ほどおき、ペーパータオルで水気をとり、薄力粉を薄くまぶす。れんこん、にんじんは幅1㎝の輪切りにする。フライパンにバター20gを中火で1分ほど熱して1のぶりを入れ、強めの中火で3~4分焼く。皮を下にして立てるようにしながら1分ほど焼く。裏面も2~3分焼いて器に盛る。フライパンをサッとふき、バター10gを中火で熱し、1の野菜を並べる。両面を3〜4分ずつ焼いて、2に盛り合わせる。小鍋にAを合わせて煮立て、半量ほどになるまで煮詰め、ぶりにかける。ベビーリーフを添える。1234作り方ぶりのステーキペッパー赤ワインソース黒こしょうをきかせたフレンチスタイルのソースで材料(2人分)ぶり(切身)…2切れ(250〜300g)れんこん…4㎝にんじん…4㎝塩…小さじ¹⁄₃こしょう…少々薄力粉…大さじ2バター…30gにんにく(すりおろし)…¹⁄₂かけ分赤ワイン…¹⁄₃カップはちみつ、しょうゆ…各大さじ1粗挽き黒こしょう…小さじ¹⁄₂ベビーリーフ…適量Aこちらから作り方動画をご覧いただけます3

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る