ふれ愛交差点 2019年3月号
3/29

3月[弥生]1(金)2(土)3(日)4(月)5(火)6(水)7(木)8(金)9(土)10(日)11(月)12(火)13(水)14(木)15(金)16(土)ひなまつり啓蟄東日本大震災の日ホワイトデーしげのぶはつえ/料理研究家おなじみの家庭料理から、旅行で見聞きした味にヒントを得て考案する料理まで、幅広く手がける。おいしくて作りやすいレシピと、気どらない人柄にファンも多い。近著は『がんばらない晩ごはん献立』(学研プラス)。材料(4人分)卵…2個干ししいたけ…4枚(15g)れんこん…50gさやえんどう…4〜5枚桜でんぶ…40g米…2合昆布…5㎝ 寿司酢 酢…¹/₄カップ 砂糖…大さじ2 塩…小さじ1水…大さじ1片栗粉…小さじ1砂糖、塩…各少々サラダ油…適量干ししいたけの戻し汁、水 …合わせて³/₄カップしょうゆ、みりん、砂糖 …各大さじ1酢…大さじ1砂糖…大さじ¹/₂塩…少々ABC1人分407kca塩分2.7g調理時間50分⊕五目ちらし 料理/重信初江干ししいたけはかぶるくらいの水で戻す(時間外)。寿司酢、Cは合わせておく。米は洗ってざるに上げ、30分ほどおく(時間外)。炊飯器の内釜に入れ、昆布をのせて寿司めしの目盛り、またはややかために水加減して炊く(時間外)。飯台またはボウルにあけ、寿司酢を回しかけて切るように混ぜ、うちわであおいであら熱を取る。卵は溶きほぐしてAを加えて混ぜ、こす。フライパンに油を薄く塗って弱火で熱し、¹/₃量を流し入れ、1分ほど焼いたら上下を返して10秒焼き、取り出して横3等分、幅2〜3㎜に切る。残りも同様にする。しいたけは軸を除いて薄切りにし、Bとともに鍋に入れて中火で煮立てる。アクを取り、弱火で12〜15分、汁気がほとんどなくなるまで煮る。れんこんは花形にむき、薄切りにして熱湯で1分ほどゆでて、熱いうちにCにつける。同じ湯で筋を除いたさやえんどうをゆでて冷水にとり、斜め半分に切る。器に寿司めしを盛り、桜でんぶ、3、4、5を彩りよくちらす。123456新たまねぎたまねぎは通常、収穫後に乾燥させてから出荷しますが、春先に出回る新たまねぎは、早生種を収穫後、短期間で出荷したものです。水分が多くてやわらかく、辛みが少ないのが特徴で、生食にも適しています。野菜ほたるいか腕の先や腹側に発光機能を持ち、ほたるのように光ることからこの名がつきました。富山県、兵庫県などの特産品で、ゆでてそのまま食べるほか、酢みそあえやパスタの具などにするのもおすすめです。魚介不しらぬい知火(デコポン)正式な品種名は不しらぬい知火といい、糖度13度以上、クエン酸1%以下という基準をクリアしたものだけが「デコポン」と呼ばれます。頭がこぶのように飛び出しているのが特徴で、甘みが強く、さっぱりしています。果物今が旬!季節の味を楽しみましょうの食材歳時記レシピ1

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る