ふれ愛交差点 2019年8月号
15/29

納豆と夏野菜のさっぱりそうめん山形の郷土料理「だし」をつゆにアレンジ材料(2〜3人分)そうめん…3束「だし」(下記参照)…200gひきわり納豆…1パック 「だし」(作りやすい分量) きゅうり…1本 オクラ…8本 たまねぎ(粗いみじん切り)…¹⁄₃個分 みょうが…3個 しょうが(みじん切り)…大さじ2 塩昆布(細切りのもの)…10g だし汁…1¹⁄₄カップ 米酢…大さじ3 薄口しょうゆ…大さじ2 塩…小さじ¹⁄₂作り方「だし」を作る。きゅうりは縦4つ割りにして幅5㎜に切る。オクラはヘタとガクを取り、塩適量(材料外)で表面をこする。鍋に湯を沸かしてオクラをサッとゆで、ざるに上げて冷まし、薄い小口切りにする。みょうがは縦半分に切って横に幅5㎜に切り、サッと水にさらす。ボウルにBを混ぜ合わせ、残りの材料を加えて混ぜる。保存容器に入れ、冷蔵庫で2時間以上冷やす(冷蔵庫で4〜5日保存可能)。鍋に湯を沸かしてそうめんを袋の表示通りにゆで、流水で洗い、水気をきる。器に盛り、Aを混ぜ合わせてかける。12¹⁄₃量で204kca塩分1.3調理時間15分⊕17土ABポイント!オクラとひきわり納豆の粘りで麺と「だし」がよくからむので、かける量を無理なく減らすことができます。毎月17日は減塩の日作り方豚肉を広げて全体に塩をふり、室温に20分以上おく(冷蔵庫でひと晩おいてもよい・時間外)。ゴーヤーは縦4つ割りにして種とわたを取り、長さを3等分に切る。豚肉1枚を広げ、ゴーヤーを1切れのせて巻く。残りも同様にする。フライパンに油を中火で熱し、3の巻き終わりを下にして並べ、返しながら8分ほどかけて焼く。器に盛り、レモンを添える。1234材料(2人分)豚バラ肉(薄切り)…12枚ゴーヤー…1本塩…小さじ²⁄₃サラダ油…大さじ¹⁄₂レモン(くし形切り)…2切れRecipe Card 1人分520kca塩分1.8調理時間15分⊕16金ゴーヤーの肉巻き素材のおいしさをシンプルに味わえますCGCそうめん13素材のおいしさをシンプルに味わえます

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る