ふれ愛交差点 2019年11月号
4/29

二十四節気のひとつで、暦のうえでは冬がはじまる日。徐々に寒さが増してきて、冬らしさを感じるようになります。季節の変わり目なので、しっかり食べて体調をくずさないよう気をつけて過ごしましょう。17(日)18(月)19(火)20(水)21(木)22(金)29(金)23(土)30(土)24(日)25(月)26(火)27(水)28(木)勤労感謝の日ボジョレーヌーヴォー解禁日小雪和食の日8日 立冬監修:一般社団法人和食文化国民会議 七五三の風習は、公家で行われていた、3歳の男女が髪を伸ばし始める「髪かみ置おきの儀」、5歳の男子が初めて袴を着ける「袴はかま着ぎの儀」、7歳の女子が着物の付けひもをやめ、大人と同じ帯を締める「帯おび解ときの儀」という儀式に由来します。11月15日に行われるのには諸説ありますが、徳川家の将軍が病弱な息子を心配し、この日に袴着の儀を行ったからというのが有力です。関東で始まったこの行事が、京都、大阪、そして全国に広まりました。 七五三は子どもたちのこれまでの健康に感謝し、これからの健やかな成長を願う日です。親から子に与える「千歳飴」は、「千年」「長く」という親から子への長寿の願いが込められています。ちらし寿司を作ったり、お赤飯を炊いたりして、家族でお祝いをしてはいかがでしょうか。七五三くらしの歳時記15日2

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る