ふれ愛交差点 2019年12月号
4/29

一年の最後の日。年越しそばを食べる習慣があります。細く長いそばを食べて長寿を願う、切れやすいそばでその年の災いを断ち切るなどのいわれがあります。家族で年越しそばを食べて、一年を締めくくりましょう。30(月)17(火)31(火)18(水)19(木)20(金)27(金)21(土)28(土)22(日)29(日)23(月)24(火)25(水)26(木)冬至クリスマス・イブ大晦日クリスマス31日 大晦日監修:一般社団法人和食文化国民会議冬至くらしの歳時記22日 一年のうち、太陽の高度が一番低く、最も昼が短いのが冬至です。この日を境に日が長くなっていくことから、太陽が力を取り戻し、次第に運が向いてくる「一いち陽よう来らい復ふく」と呼ばれる日でもあります。 この日は邪気を祓はらうあずきを入れたおかゆや、太陽に似た鮮やかな色のかぼちゃを食べて無病息災を祈ります。ゆずは、輪切りにすると太陽のような形になることから、太陽の力を補い、邪気を祓うといわれています。お風呂に浮かべてゆず湯にするのが一般的ですが、体を内側から温め、やさしい香りと甘さに心もリラックスできる温かいゆず茶もおすすめです。2

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る