ふれ愛交差点 2020年2月号
5/29

自然のあしあ青森産ベビーCGCグループオリジナルの人気商品をチェック!食べてみて、使ってみて、おすすめをご紹介します。おいしいもの 見 つけた!12345作り方たまねぎは幅5の薄切りにし、長さを半分に切る。キャベツは3四方に切る。えびは殻付きのまま薄力粉をまぶし、余分な粉をはたき落とす。フライパンにオリーブ油大さじ4を中火で熱し、えびを入れて片面を2~3分ずつ揚げ焼きにし、取り出す。3のフライパンをサッとふき、オリーブ油大さじ1を中火で熱し、たまねぎを広げて2分焼き、にんにくを加えて2分炒める。キャベツを加えて大きく混ぜ、Aを加えて強火にし、煮立ったら弱火で5分煮る。えびを戻し入れて5分煮る。クリームチーズをちぎってちらす。えびのサワートマト煮殻付きだからこその濃いうまみを味わって1人分511kcal 塩分3.1g 調理時間25分 「自然のあしあと。バナメイえび」の産地は、バナメイえび養殖の発祥の地、すぐれた養殖技術を持つエクアドルです。養殖池には海水を引き入れ、塩分濃度を上げることでえびの甘みを際立たせます。また養殖密度を1㎥あたり15尾ていどと一般的な養殖池の約に低く抑えることで、それぞれがのびのびと自由に動き回れるため、筋肉質で身の締まったプリプリのえびに成長します。 水揚げ後はその日のうちに洗浄、サイズの選別、頭取りを速やかに行い、急速凍結して新鮮さをキープ。さまざまな用途でおいしくお召し上がりいただけます。使ってみました!甘みがあり、おいしいえびです。殻にもうまみがあるので、殻付きで煮たり、焼いたりするのもおすすめです。加熱しても身の縮みが少ないので、料理にボリューム感が出ます。料理を作ってくれたのは小田真規子さんおだまきこ/料理研究家おいしくて体にいいレシピが人気。著書に『まいにち湯豆腐』(ダイヤモンド社)など。材料(2人分)バナメイえび(殻付き) …250gキャベツ…150gたまねぎ…1/2個にんにく(粗いみじん切り) …1かけ分薄力粉…大さじ2オリーブ油…大さじ5カットトマト(缶詰) …1缶(400g)水…1/2カップ塩…小さじ1こしょう…少々クリームチーズ…50gAバナメイえび低密度の環境下でストレスなく健康に育つえびは、抗生物質などの投与も不要。安心、安全です。低密度の環境でストレスなく成長。甘みが強くプリプリ感も抜群自然のあしあと。昔の大地 青森県産にんにく3CGCグループオリジナルの人気商品をチェック!食べてみて、使ってみて、おすすめをご紹介します。えびのサワートマト煮

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る