ふれ愛交差点 2020年6月号
24/29

材料(2人分)⃝⃝豚肉にAをふる。さやいんげんは長さを半分に、パプリカはひと口大に切る。 下準備豚ロース肉(薄切り)…20枚(200g)さやいんげん…50gパプリカ(赤、黄)…各1個  塩…小さじ1/3 こしょう…少々味の素KK 「お塩控えめの・ほんだし®」…小さじ1水…大さじ3ピザ用チーズ…40g藤井 恵/料理研究家・管理栄養士 レシピ本を多数出版するほか、テレビの料理番組のレギュラー講師を務める。近著は『藤井弁当 お弁当はワンパターンでいい!』(学研プラス)、『50歳からのからだ整え2品献立』(主婦と生活社)。わかめときゅうりの酢のもの作り方❶❷わかめはたっぷりの水に5分ほどつけて戻し、水気をきる。きゅうりは薄切りにして塩をふり、しんなりしたら水気をしぼる。ボウルにAを入れて混ぜ、❶を加えてあえる。材料(2人分)カットわかめ(乾燥)…5gきゅうり…1本塩…小さじ¹⁄₅* 酢、水…各大さじ2  砂糖…大さじ¹⁄₂味の素KK  「お塩控えめの・ほんだし®」 …小さじ1 白いりごま…小さじ1「ほんだしR」を加えると、やさしい味わいの甘酢になります。1人分37kca塩分1.1調理時間10分*きゅうりは1%の塩をふって水分を出すことで、歯ざわりがよくなり、甘酢とよくなじむので、おいしく食べられます。ふった塩は、水気をしぼると半分ほどしか残りません。Aもう1品 作り方A12➡「ほんだし®」のうま味は、洋風の料理に使ってもおいしいんですよ。チーズと合わせるのがおすすめです。抗酸化ビタミンで元気に!さやいんげんはβ-カロテン、パプリカはビタミンC、Eなど、抗酸化作用を持つビタミン類が豊富です。抵抗力の強化が期待できます。からだにいい食材体内で合成できない9種類の必須アミノ酸をすべて含む優秀野菜。牛乳の栄養素を凝縮しているので、たんぱく質やカルシウムが豊富です。フライパンに豚肉、さやいんげん、パプリカを入れ、味の素KK 「お塩控えめの・ほんだし®」を全体にふり、材料の水を回し入れる。フタをして強火にかけ、蒸気が出てきたら中火にし、4分蒸し煮にする。チーズを散らし、再びフタをして、さらに1分蒸し煮にする。フライパンに材料を並べる材料を蒸し煮にする豚肉を鶏むね肉に代えてもOK。よりさっぱりと仕上がります。22

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る