ふれ愛交差点 2020年9月号
5/29

四季折々の素材を楽しめる日本には、料理で季節を味わう、和食の文化があります。おいしくて栄養価も高い旬の食材を上手に使うコツをご紹介します。今回は旬の栗を使った季節感あふれる煮ものの献立です。栗の季節がやってきました。皮をむくのに少し手間はかかりますが、この季節ならではの味を楽しみたいですね。相性のいい鶏肉と合わせた煮ものにしましょう。栗は味がしみ込みにくいので、甘めのしっかりした味付けにしました。れんこんも新ものが出回ります。真冬のものとはひと味違う、やわらかであっさりした味わいが特徴です。 副菜の揚げ出し豆腐でたんぱく質を補います。もうひとつの副菜はさわやかな香りと辛みのゆずこしょうをきかせた手軽な一品に。こっくりとした主菜とのバランスがとれます。伝えたい和食のきほん連載いしはらひろこ/料理研究家。自宅で40年以上にわたり料理教室を主宰。テレビや雑誌、書籍で活躍中。石原 洋子さん鶏肉と栗、れんこんの照り煮献立3

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る