ふれ愛交差点 2020年10月号
3/29

0月[神無月]⃝料理/重信初江(表紙、P2、7-8、19-20)、石原洋子(P3-4)、小田真規子(P5-6)、市瀬悦子(P9-18、25)、藤井 恵(P21-22) ⃝撮影/邑口京一郎(表紙、P2、7-8、19-20)、原ヒデトシ(P3-4、9-18、25)、岡本真直(P5-6、21-22) ⃝スタイリング/吉岡彰子(表紙、P2、7-20、25)、肱岡香子(P3-4)、阿部まゆこ(P5-6)、浜田恵子(P21-22) ⃝イラスト/バーバラ(P1) ⃝栄養計算/八田真奈 ⃝校正/株式会社ぷれす、畠山美音 ⃝デザイン/Comboin(西野直樹)、佐藤秀紀(P23-24) ⃝編集/石田純子、久保木薫、荒巻洋子、平山祐子 今が食べ時! 季節の味を楽しみましょう。「寒露」は二十四節気のひとつで、草木に宿る冷たい露を意味します。朝晩の空気がひんやりしてくる頃。空気の澄んだ、過ごしやすい秋晴れの日も多くなります。どこからともなく、キンモクセイの甘い香りが漂ってきて、秋を実感する人も多いのではないでしょうか。温かい料理を食べて、体を内側から温めましょう。【寒かん露ろ】えのきだけくらしの歳時記野菜うまみたっぷり、クセのない味わいが人気の食材です。えのきだけに多く含まれるキノコキトサンという食物繊維の一種は、腸内で善玉菌を増やす働きがあり、便秘を改善し、腸内環境をととのえます。加熱するとなめこのような軽いとろみが出るのが特徴です。保存法 ほぐしてポリ袋に入れ、冷蔵庫へ。冷凍も可能です。さばしめじさつまいも柿秋鮭秋鮭と呼ばれるのは、秋に獲れる国産の白鮭。身の赤色は、アスタキサンチンという色素成分によるものです。強い抗酸化作用を持ち、免疫力アップなどに働きます。骨粗鬆症予防に働くカルシウムの吸収を促進するビタミンDも多く含みます。選び方 皮がきれいな銀色で、身にツヤがあるものを選びましょう。果物魚介1さつまいも

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る