ホーム > 商品情報 > CGC商品のこだわり > CGCのこだわり商品 > 昔の大地 青森県産にんにく
商品情報CGC商品のこだわり

CGCのこだわり商品

CGCのこだわり商品トップページへ戻る
PRODUCTS NAME

昔の大地 青森県産にんにく

昔の大地 青森県産にんにく

香り豊かな「福地ホワイト六片種」

「昔の大地」のにんにくは、日本を代表する最高級ブランド「福地ホワイト六片種」。きれいな白色で、表面には張りがあり、実が引き締まっています。香り高く、一粒一粒が大きいだけでなく、糖度も37~40度と非常に高いのが特長です。農薬と化学肥料を極力使わない徹底した土壌づくりで、安心・安全なにんにくを育てています。ステーキやパスタなど、香りを楽しむごちそうメニューにおすすめです。

青森県の2カ所で栽培

生産地の青森県は、国内のにんにく生産量の80%を占める日本一のにんにく産地。夏は冷たい「やませ」が吹き、冬は雪に覆われる厳しい気候で育ったにんにくは、糖度と旨みがたっぷり蓄えられます。「昔の大地」ブランドのにんにくは、青森県のJAゆうき、JAおいらせの2カ所で生産しています。

  • ミネラル分を多く含んだ土壌のにんにく畑。減農薬、減化学肥料で育てています

  • 収穫したにんにくは専用の倉庫で2週間の間、熱風を当てて乾燥させます

  • しっかりと乾燥させることで余分な水分を取り除き、旨みを凝縮させます

  • 乾燥が終わったにんにくは、大きさを測り、サイズごとに選別します

  • 身を傷つけないように、手作業で1個1個丁寧に外皮を剥いていきます

  • 目視でも商品に欠けなどの不良がないかチェックしながらネット詰めしています

こだわりの原料で作りました

「昔の大地」原料で作った黒にんにくを2018年9月に発売しました。黒にんにくは、白にんにくを独自の製法で約2カ月かけて熟成させて旨みや栄養素を凝縮させています。にんにく特有の臭いもほぼなく、フルーティーな味わいです。毎日1、2粒ずつそのままお召し上がりになるのもよいですが、最近はカナッペなど料理のトッピングとしても人気です。