社員紹介
2012年入社
生鮮事業部
水産チーム 担当
大林 慶希

情熱もって事業に取り組むシジシージャパンの社員に惹かれて。

たとえば、仲の良い友達と一緒においしい料理を食べたり、つまみをいただきながら冗談で盛り上がったり。“食”は、人々の食欲を満たすだけでなく、楽しい空間や笑顔になれる空間をも創り出します。学生時代、居酒屋でアルバイトをしていた私は、お客さまが料理やお酒を楽しむ姿を見ているうちに、食の可能性に惹かれていきました。そして、就職活動中、大学主催の就職ガイダンスでシジシージャパンを知り、「これだ!」と思ったのです。「全国の加盟スーパーを応援する」という事業そのものが魅力的だと思いましたし、人事の方や先輩社員など、どの方からも仕事にかける情熱が伝わってきました。会社が一丸となって、目標に向かっている先輩方の言葉一つひとつが心に響き、「僕も加盟スーパーに“おいしい”と言ってもらえるような商品をつくってみたい」という気持ちがどんどん高まっていきました。

商品の知識を深め、発注量を予測。

加盟スーパーの経営を支援するために、シジシージャパンではさまざまな事業を進めています。その一つが、プライベートブランドの開発。商品カテゴリー別にチームを組み、チーム単位で営業・商品開発・受発注処理を行っています。
僕は水産チームに配属。1年目は、全国の加盟スーパーから届いた発注書をまとめてデリバリーの手配をする“業務”の仕事を担当しました。
最初の頃は、発注書の内容を理解するのも一苦労。商品コードと商品の名前も結びつかないようなありさまでした。それでも、一つひとつ先輩に確認していくうちに、商品の動きが少しずつ理解できるようになってきました。また、在庫の管理も任されたのですが、過不足なく在庫を維持するには、今後の発注量を予測する力が求められます。昨年度のデータを参考にしたり、加盟店単位で商品の動向を分析しながら、在庫の数を調整していきました。
そして、今年3月から、商品開発の仕事に携わるように。現在は、いか・たこ・かにや加工品担当の先輩の手伝いをしながら、商品開発の流れを学んでいます。

2年目にして、海外工場を視察!日々、成長する喜びを味わう。

たとえば、食品メーカーとの打ち合わせ。先輩社員に同行し、新商品の仕様を説明してサンプルの制作を依頼する様子を見るだけで、勉強になります。また、加盟スーパーを集めて行う開発会議の手伝いも行っています。このほか、加盟スーパーの問い合わせに応じ、サンプルを手配することも。これら一つひとつは小さな仕事ですが、どれも商品を開発していく上で欠かせない仕事。日々の仕事を通じて、「一つの商品を加盟スーパーにお届けするために、商品開発はどのようにして仕事を進めていくのか」を学び取っています。
今年の夏は、タイと中国の工場を視察。現場で働くスタッフの姿を見学し、現地で製造された商品の試食もしました。その場で味の感想を伝えたところ、早速、自分の意見が採り入れられたんです。若手社員の僕の意見を採り入れてくれたことや、おいしさと品質を徹底的に追求していく先輩の姿に、大きな感動を覚えました。
商品開発として独り立ちできたら、加盟スーパーに喜んでいただけるような商品を送り出したい。全国の食卓を笑顔にできるような、そんな魅力的な商品開発ができたら嬉しいですね。

1日の仕事の流れ
14:00 試食用サンプルの調理

加盟スーパーから送られてきた発注表を見て、商品の動きを分析。過不足が出ないよう、在庫の量を調節していきます。

12:00 サンプル手配

新商品開発が順調に進み、試作品ができあがりました。水産チームのメンバーに試食してもらい、味の感想を聞きます。

12:00 サンプル手配

商品の試食を希望する加盟スーパーに、サンプルを発送することに。社内の冷蔵庫からサンプルを取り出し、丁寧に梱包していきます。

16:00 会議用のサンプルづくり

加盟スーパーを集めた会議で開発品を試食してもらうため、下準備を行います。シジシーに入社して、料理の腕が一気に上がりました!